カテゴリ:Books( 32 )

手を上げられるようになった理由

教室はまちがうところだ

蒔田 晋治 / 子どもの未来社



さやかは、答えがひとつでないものには、なかなか手をあげない。
簡単な算数なんかは手をあげるらしいのだが、
明らかな答えがない質問には、手を挙げない。
間違うのが怖いのだろう。

それが、先日、こういった。

「さやかね、最近手を沢山あげるようになってきたよ。
 何故って、この間読んだあの本を思い出したら、
それから手を挙げられるようになってきたんだよ。」

と言った。
あの本とは、この「教室はまちがうところだ。」と言う本。
直球過ぎるかなとも思ったが、彼女のこころにメッセージは届いたみたい。

そういう心の支えとなる一冊となってくれたこの本。
同じような子供達にも読んで欲しいな。
[PR]
by gie_bog | 2009-02-11 23:18 | Books

辞書引きえほん
b0013832_21215344.jpg

買ってしまった。
装丁も可愛らしかったし、中身も上手にまとめてある感じで。
ほぼ一目ぼれ状態。

見てのとおり、このシリーズには
「国旗」と「日本地図」がある。

さやかは、もともと「国旗」に興味がある。
幼稚園の時に、クラスに外国籍の子が多く、
クラスで外国について調べたりした事もあり、
それに加えて当時のラブラブの彼のYくんから貰った手紙に
国旗のピカピカのシールが沢山入っていたっていうのも、きっかけかな。

この手紙は今でも大事に大事に取ってあって、時々眺めているさやか。

国旗のこの本を見つけた途端、もう釘付け。
親子揃って、一目ぼれらしい(笑)

今日は日本地図のほうを読んでいて、
海にはそれぞれ名前があることを発見。
「せとないかい」「たいへいよう」「にほんかい」
全て海の名前だと知り、感心していた模様。

これ、ひとつだけでも、この本を買った収穫があるというもの。
こういう小さな発見の積み重ねが、興味となって、発展していく事を願う。
[PR]
by gie_bog | 2008-10-28 21:24 | Books

古本屋さん
最近、家族でよく古本屋に行く。
案外掘り出し物があるからだ。

欲しかった本が安く手に入ったり、
普通の本屋さんで売ってないような子供向けの洋書の絵本が手に入ったりする。

先日は、
①前から気になっていた図鑑
②さやかの読書週間で学校で読むのに丁度いい本
などを見つけた。
普通に今も本屋さんに売っている。
しかも、新品同様に美しい。
図鑑は普通に買うと結構高い。
絵本や読み物は図書館から借りてすましているが、
図鑑はやっぱり手元に置いておきたい。
半額で手に入った。

我が家の子供達は案外、ソファに座って本を眺めている事も多い。
雨の日や夜など、外で遊べない日や、遊び倒して疲れたときなど
よく本(図鑑)を眺めている。
特にしゅうたは、図鑑が好きみたいで、どんな種類の図鑑も
ひらがなさえもちょっとしか読めないのに、真剣に集中して眺めていられる。

案の定、買ってから家に帰って早速眺めていた。
しめしめ。

b0013832_19254929.jpg


しかし、時間内でゆずきを追いながら本を探すのは大変だ。
なかなか自分の本までは行きつかないのが現実。
ゆっくり本探しできる時間が欲しいなあ~。
[PR]
by gie_bog | 2008-10-28 19:27 | Books

KEVINさんとMATTHEWさんの手作り絵本
b0013832_9371468.jpg


海を越えて、サンフランシスコからまたまた素敵な贈り物が届きました!
二人の手作り絵本です。

去年のクリスマス前に、クリスマスツリーに飾る折り紙のオーナメントを大募集していた二人。
これはそれに応募してくださった方々へのお礼の絵本なんです。
でもね、本当は私は貰えないの。だって、折り紙送ってないんですもの。

それでも、さやかとしゅうたにと、
心遣いで送ってくださった二人に感謝感謝です。
こんな素晴らしいものに、どうやってお礼の気持ちを示せば良いのか、
ほんとうに恐縮ですが、
この絵本にいっぱい詰まっている暖かい気持ちで、今とても幸せな気持ちです(^^)

matthewさんのサイトのこのエントリー参照

そのうち、この絵本をダウンロードできるようにしてくれるそうです。
ぜひ、中身を見たい方は、楽しみにしていてくださいね。

そして、この絵本を書いたKEVINさんの絵にノックアウトされた人は、以下の二つのサイトをぜひ覗いてみてくださいね。blogのほうでは彼のコミックも見れますよ~。

KEVIN'S WATER COLORS

KEVIN'S BLOG
[PR]
by gie_bog | 2006-05-02 09:48 | Books

しかけ絵本の世界展 ~小さな紙のサーカス団~
b0013832_19145239.jpg

土曜日に名古屋JRセントラルタワーズのタワーズプラザ12Fで
開催されていたしかけ絵本の世界展に行ってきました(^^)

むかーしから使われている手法で、
いわゆるビンテージ絵本から、最近のディズニーの絵本まで
ありとあらゆるジャンルの絵本の仕掛け絵本が展示してありました。




b0013832_19151329.jpg

モダンな雰囲気で、数字を開いてみるとそれぞれが、飛び出す絵本になっていたりする、
キュートな展示。






b0013832_19152430.jpg

絶対子供には渡せないような(笑)
有名作家による、ペーパークラフトの世界のような美しい絵本だったり、






b0013832_19153520.jpg

超楽しい、こーんな飛び出す恐竜や遊園地が出てきたり、
ハリーポッターの家が立体的に4面から見れるようなものがあったり、
信じられないような、飛び出す絵本の数々が展示されていました。






b0013832_19154753.jpg

もちろん、実際手にとって触れるコーナーもあり、
こんな風に穴が開いていて、ページをめくるたびに立体的に膨らんでいるお星様が
各ページのお星様になっていたりするものなどなど、色んなものがありました(^^)
(この絵本、すっごく可愛くてお気に入りになっちゃいました)








手にとって見れるコーナーのものは、
すぐ隣に販売コーナーもあって、実際に購入も出来るようになっています。
普通に有名な、「ぞうのエルマー」や「ぐりとぐら」などのおなじみのシリーズの絵本が
飛び出す絵本になっていたりと、新鮮な驚きも。

ついつい欲しくなったのですが、
これまた値段が普通の絵本よりはずーっとお高い(笑)
ってことで、見るだけ楽しんできました。
しっかし、ケチだわ・・私って・・(汗)

クリスマスまで展示はやっているようです。
レストランにでも出かけるついでに是非どうぞ♪
[PR]
by gie_bog | 2005-12-04 19:29 | Books

ビンテージ絵本なら
もう一つ、絵本関連のサイトで紹介したいところがあります。
絵本好きなあなた、
そうでない人も、このオシャレな絵本たちを見たらビビビ!と来ること間違いなし!
な感じのビンテージ絵本たち。
そんな'50~'80sのヴィンテージ絵本とヴィジュアルブックを扱っているのがこのサイトです。

CurioBooksさん

絵本にもビンテージがあるんだ!と知ったのがつい最近。
私がフラワーアレンジメントをならっているbloomというshopで
このCurioBooksさんのヴィンテージ絵本のイベントをやっていたんです。

実際に目にしたヴィンテージ絵本は、
どれもこれも、超魅力的な本ばかり。
でも、これは完全に大人のコレクター向け。
だって、一冊5000円以上するものばかりなんですよ。

値段に負けて買いませんでしたが(笑)
普段絵本を見ない人も、インテリアとして、雑貨として、
そんな感覚でも手元に置きたいほど可愛らしい本が沢山ありました。

一冊買ったら、コレクタブルになってしまいそうなヴィンテージ絵本。
その魅力にどっぷりハマってみたい・・・。(でも主婦には、高額すぎ~!!)
[PR]
by gie_bog | 2005-11-28 00:54 | Books

Scholastic社の絵本
Duck on a Bike
David Shannon





No, David!
David Shannon






最近、友人からの誘いで、
アメリカのスカラスティック社の絵本を共同購入しています。
ほとんどがペーパーバックで、95セントとか超お値打ちの絵本もちらほら。
カタログを眺めていると、次々と欲しくなっちゃいます。
友人数人で買っているので、送料もお徳なんです。
上の2冊のDavid Shannonの絵本もココで購入。
ミューズのCMでDavidという男の子のイラストで見たことある人も多いのでは?

スカラスティックの絵本の共同購入サイトはここです。
Skippy's Book Club


子供のためにといいつつ、
いつも実は自分が欲しくて買っている私(笑)

もちろん、全て英語ですが、
子供達も喜んで絵を眺めたり、読み聞かせも、わくわくと聞いています。
逆に日本の絵本の英語版なんていうのも、買えたりしますよ(^^)
ただ、発音や意味が分からない単語が出てきたり(幼稚園・未就園児対象の絵本なのに!)、
焦ることもしばしばですが、それでも親子揃って楽しめちゃいます。

興味のある人は是非、覗いてみてくださいね~。
カタログマジックにハマってしまいますよ~。
買う気が無くても、カタログ見てるとどんどん欲しくなっちゃう・・・不思議ですね~(笑)

日本のamazonなどでも手に入るものは値段を比較して、安いものだけゲット、
案外どこにもおいていないレアもので、楽しい絵本も沢山ありますよ~。
まずは75セント、95セントものからトライ!
ペーパーバックとは言っても、すごく綺麗で、
しかもかさばらず、かえって扱いやすいなと感じています。
[PR]
by gie_bog | 2005-11-27 00:20 | Books

2005イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
先日、2005イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に行って来ました。

久々の美術館です。
といっても、地元のローカルな美術館なので人も少なく・・・のはずだったんですが、
あいにく地元中学生の団体様ご一行と一緒になってしまって、
ものすごーく賑やかな中、見てきました。
まあ、おかげで子供達の騒がしさが目立たず助かったという話もありますが・・(笑)

このイタリア・ボローニャ国際絵本原画展というのは、
画家の登竜門のような位置づけで、
毎年、若手の素晴らしい作家・画家を世の中に出している展覧会らしいです。

もう、原画って、本当に凄い!!
発色が違う、細部の緻密さ、立体感、色使い、筆遣い、
なにもかもが、すごく感動でした。
そして、日本人の入選者の多いこと。
そして、その日本人の作品の素晴らしいこと。
なんだかとても嬉しくなりました。

見始めてしばらくして、
ムクムクと「描きたい!!!」という気持ちが込みあげてきて、
全部見終わる頃には、
やっぱりその素晴らしさに、自分がいくら頑張って描いてみてもこうはならないと
思い知らされた感覚に陥りました(笑)←当然だよねえ~、はは。

そして、作品集を買おうかどうか悩んで売店に。
でも、何か違うんです。
感動したあの原画の輝きは、印刷してしまうと何か薄れてしまう。

原画を見て、どうにも欲しいと感じたあの絵たちも、
印刷されてしまうと、普通の絵本に感じてしまう。

それにショックを感じて、結局何も買わずに帰ってきました。

今回は、心の中に、
あの素晴らしい原画の数々、そして感動をとどめておくことにします(^^)

是非、機会があったら足を運んでみてください。
すごく、楽しい、癒される、そして感動の時間が待っていますよ~。

久々に癒された感じの私。
でも、子供達も子供達なりにすごく楽しめたようです。
[PR]
by gie_bog | 2005-11-21 00:44 | Books

感動のエアメイル
先日、私の大好きなblogのLife in San Francisco上で、
管理人さんのMatthewさんの彼の日本語名を募集すると言う企画がありました。

もちろん無い知恵を絞って応募したら、なんと!!
当選しちゃったんです~!!

当選賞品として、
今日素敵なカードが届きました(^^)

もうね、ズキューン!!とやられましたよ。
ガーデンローズのカードだとは分かっていたのに、
実際、現物を見て、
あまりに素敵なカードに、ものすごい感動をしてしまいました。
b0013832_19552714.jpg


どうどう?素敵でしょ~。
「華人」さんの水彩画は今までもネット上では何度も見ていたんですが、
やはり原画は感動具合が違いますね。
素晴らしいです。

b0013832_2011650.jpg

それに、カードのこちら側は、こーんなにお茶目♪
慣れない日本語がこんなに上手に書いてあって、それにも更に感激!
そして文面に大笑い(笑)
(「華人」になる前は、仮で「森男」になっていたんです)
最高のカードでした。
宝物にしますね♪

More
[PR]
by gie_bog | 2005-06-07 20:04 | Books

三びきのやぎのがらがらどん
三びきのやぎのがらがらどん―アスビョルンセンとモーの北欧民話
マーシャ・ブラウン せた ていじ / 福音館書店

この本は、クリスマスにサンタさんがさやかに持ってきてくれた本です(笑)
今さやかの2大お気に入りのひとつです。
(ちなみにもうひとつは「ぶたぶたくんのおかいもの」)

3匹の「がらがらどん」というやぎさん達が、
山に草を食べにいきます。
その途中にあるつり橋には、怖い「トロル」が住んでいます。
橋を通ろうとする「がらがらどん」に、
トロルが「誰だー!ひとのみにしてやるぞー!」と。
小さいがらがらどんが、僕より次のがらがらどんのほうが大きいから
そちらを食べてとトロルに言います。
そして、最後に一番大きいがらがらどんが、
トロルを角で串刺しにして、ひずめでばらばらにして川に突き落としてしまいます。
そして無事に、山に草を食べに行くことの出来たヤギのがらがらどん達は
いっぱい草を食べて太っちゃったんだってという話です。

綺麗な水色を基調としたイラストで、とても美しいです。
結構怖い話かなとも思うのですが、
子供は大喜び。
「目はくしざしに!この石でばらばらにしてやるぞー!」なんて、
読むほうがビビリます(笑)
それも、トロルでなくて、がらがらどんの台詞なんですから。

でもこの本を読んで以来、
お風呂でも
「誰だー!!食っちまうぞー!!」ごっこがオオウケです(笑)
さやか曰く、
「このお話、ちびくろさんぼに似てるね~!!」
まあね、そうかもね(笑)
[PR]
by gie_bog | 2005-02-04 17:26 | Books


  / 日常のひとこま /    なんでもない日々がきっと幸せ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINK
私的生活レシピ帳
....管理人GIE(ぢえ)の石鹸生活や絵本等の情報を掘り下げて紹介するblog!

Bloom
....Flower & Zakka

土にまみれて天を仰ぐ

doremiのまいにち

photo cafe

TAI-TOWN


英語で子育て

ベアミネラル研究所


INAX ライブミュージアム

PHOTOHITO









***********
English Here
これをクリックすると、このblog全体を英語に訳して表示してくれます。









最新のトラックバック
クリスマスツリー出しました。
from Breath of Green
ZCの絵日記はこんな感じ。
from Breath of Green
無農薬の最新ニュース
from e食「いいしょく」~無農薬/..
「化石」が掘りたい~!!
from Breath of Green
[
from Breath of Green
[
from Breath of Green
自分との戦い
from Breath of Green
突撃!隣のブログ・TV出..
from 突撃!隣のブログ・TV出演可..
今年も作ったよ!ハンドメ..
from Breath of Green
ソフトバンクホークス交流..
from ソフトバンク ホークスが優勝..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧