これでいいのか?
先月病院で色んな検査をしていた実母。
検査結果が確定して、病名を告げられた。

あちこち、体がボロボロである。
色んな今迄の無理が体に出てきたようだ。

その中で、「拡張型心筋症」という病名があった。
これは、国に難病指定されている病気で原因が不明な上、もう治ることはない。
心臓の筋肉の一部がもう収縮しない状態になっていて、
機能を果たしていないのだ。
そのため、他の内臓などにも影響が出てくる怖い病気だ。
投薬をこれからずーっと続けていかなくてはならないそうだ。

医師からは簡単な
「心臓の一部の筋肉が動かなくなっている」という説明があっただけだ。
病名もこちらから聞いて初めて教えてくれたと言う。
それに、病名を聞いたら、
あ、インターネットで調べるの?詳しいことは自分でインターネットで調べてください。」
と、説明放棄したらしい。

それでいいのか、医療現場。

うちの母は、インターネットはおろか、パソコンも使えない。
あの年代の人たちは、使えない方が多いだろう。
それなのに、いかにもパソコン使えて当然、とばかりに
説明放棄していいのだろうか。

インターネットで確かに病名から色々調べられるだろうが、
それは一般的なその病気の話であって、
実際自分がこのどの段階なのか、自分の場合はどこがどうなって、
この病院で今後どういう治療をしてくれるのか

そういうことはインターネットには書いてない。

それに、この病気は国に難病指定されている病気で、
もしかしたら薬代を申請すれば国から補助が出るとか、
その条件(それにはこういう検査をクリアして、こういう条件を満たした時に、
補助申請が出来るのだけれど、その検査は苦痛を伴う場合もあるが、どうしますか?
みたいな)について、
専門知識を持っている医師の方からアドバイスや選択枝の話を
してくれてもいいのではないか、と。

それをせず、こちらから聞いてから初めて、
ああ、それを申請するにはもう一つ検査が必要で、
それは入院して検査しなくてはならないから大変だから
申請しなくてもいいでしょ。って、言ったらしい。

今後の人生ずーっと掛る薬代、
そして入院検査のわずらわしさや苦痛、
どちらを選択するか、その選択や判断は、患者がするものではないのか・・。

まあ、母からの又聞きなので
実際どういう対応をしたか分からないが、
病気に付いてインターネットで調べろっていう医師にも、
インターネット使えないくせに遠慮して黙って文句も言わず帰ってきた母にも
腹が立ってきたりして。

医師にとっては、数ある病気のうちの一つかもしれないが、
患者にとっては、自分の身に振りかかってきた怖い怖い病気である。
きちんと説明して、付き合い方も指導して、少しでも患者の不安を取ってあげるのも
医師の仕事ではないだろうか。
[PR]
by gie_bog | 2005-04-02 16:06 | Other
<< 私には見えない「なにか」の存在 ボクササイズ >>


  / 日常のひとこま /    なんでもない日々がきっと幸せ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINK
私的生活レシピ帳
....管理人GIE(ぢえ)の石鹸生活や絵本等の情報を掘り下げて紹介するblog!

Bloom
....Flower & Zakka

土にまみれて天を仰ぐ

doremiのまいにち

photo cafe

TAI-TOWN


英語で子育て

ベアミネラル研究所


INAX ライブミュージアム

PHOTOHITO









***********
English Here
これをクリックすると、このblog全体を英語に訳して表示してくれます。









最新のトラックバック
クリスマスツリー出しました。
from Breath of Green
ZCの絵日記はこんな感じ。
from Breath of Green
無農薬の最新ニュース
from e食「いいしょく」~無農薬/..
「化石」が掘りたい~!!
from Breath of Green
[
from Breath of Green
[
from Breath of Green
自分との戦い
from Breath of Green
突撃!隣のブログ・TV出..
from 突撃!隣のブログ・TV出演可..
今年も作ったよ!ハンドメ..
from Breath of Green
ソフトバンクホークス交流..
from ソフトバンク ホークスが優勝..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧